ライフ, 写真, ...

【子育て】もうすぐ二歳を迎える娘 – Voigtlander 40mm/F1.4

徳島県で映像・写真・執筆などのクリエイティブ業を営んでおります、DAISUKE KOBAYASHIです👧

テクノロジーの発達により音声で執筆できる時代がやってきましたので、近々それについて書いて(喋って)みたいと思っているのですが、今日は娘について。

もうすぐ二歳を迎えるにあたって、ボクの心情をここに残しておきたいと思います。

日に日に可愛くなっていく娘。もうこれ以上可愛いと感じることはないだろうなといつも思うのですが、その天辺は毎日更新しており、この感情は一体どこが終点なのだろうかと不思議に思っています。『米米CLUB』の『愛はふしぎさ』を思い出します。

子育ての先輩に聞くと二歳なんてまだまだ。これからどんどん可愛くなっていくよと、どの先輩も言っているのでまだまだ終点は長そうです(笑)

さて、二歳を迎えるにあたってたくさんの感情が沸き起こりますが、二歳にもなるとそれなりに自我が芽生えてきており、言葉を覚え自分で発するようになり、自己表現をするようになりました。

うちの娘はとにかくよく喋る。なにを喋っているのか分からないことも多々ありますが、「今日は何を食べたの?」と聞くとそれなりに答えられるようになっていたり、自分から「〇〇したのー」とお話をしてくれるのです。

最近は「パパー」や「ママー」と手でちょんちょんしてきて、何かを伝えるのが流行りです(笑)。時々パパの事を「しぇんしぇー」と間違えて呼んでは「パパだよ」と話すと「パパー」ときちんと言い直してお話をしてくれます。

こうして成長を繰り返していくのだなーとパパは毎日感動の連続です。

ちょんちょんとしている様子。

とにかくよく喋り、よく走る。男の子ほどパワーがないのは助かっています(笑)

階段を登り降りするのが大好き。

海に入りたかったみたいだけど、この日はお預け。

謎の踊りなんかも時々披露してくれます。

二歳の誕生日には何をしようかとまだ考えている最中ですが、一日の記録として動画は残しておこうと考えています。(昨年も残しましたがこれがいつ観ても懐かしい!)

最近では動画を撮っている余裕がないほど動き回るようになったので、写真で残すことが多くなりましたが、長い目でみるとやっぱり動画はなんとも言えないその時の様子を残してくれるんですよね。娘が「エマ!」と言う時は自分の動画が観たいという意味なのですが、今でも一年前に撮っておいた動画を娘といっしょに頻繁に観ていたりします。

因みにこれら写真に使ったレンズはこちら。

その時の気分によって頻繁に交換しますが、ここ最近はこれに落ち着いています。F2ぐらいにして被写界深度を浅くし、ピント外しまくりなのを狙いとして使うのが楽しいのです。そうした方がデジタル感が薄れ思い出写真にはピッタリ合うなって感じなんです。

もちろん現像時にイジりまくってはいますが、フィルムライクなデジタル写真って感じで良いでしょ?

そうそう、現状の写真の悩みとしてはMac/PCとiPhoneで見るのでは色の見え方が全く違うのため、これをなんとかしたいと思っていますが、皆さんどうしてますか?iPhoneはiPhoneで現像するのが良いと長年言われてはいますが、そういう理由にはいかんよねー。と年々新しくリリースされるiPhoneディスプレイはどうしようもないのでほっておくしかないのですが。