ライフ, 釣り

【アジ釣り】ベイトの居る漁港でライズするアジを狙う

映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

先日アジ釣りに行ってきました。

例年ならメバルにヒラスズキ、渓流ではアマゴを狙っていることが今時期多いため、アジ釣りをすることはほとんどありませんが、今年は水温が低いせいか?アジ釣りが結構調子良いように感じたので、秋に頻繁に行く漁港に調査に行ってみたのです。

…というのもこの釣りの前日に、とあるメディア撮影のためにその漁港に昼間に訪れてみると昼間っからかなりの数のベイトが目視できます。小サバもおり、結構胸熱な状況。「どうやらこの漁港にはベイトが溜まっているようだ…」ってことで、夜になったらこのベイトを狙ってアジやらヒラスズキやらが捕食しにくるかもしれないと思ったので、先ずは手っ取り早く釣れるアジを狙ってみることにしたのです。

そしたら案の定、大当たり。

ベイトが山のようにおり、そして浮きまくっていまして、それを狙ってアジがもうライズしまくり。

一投目から釣れるが、数匹釣ったあたりからスレたのか?時合いが終わったのか?釣り場に到着して10分ぐらいで時合い終了って感じです。けどポロポロと釣れるし当たりは頻繁にあるので、それを楽しみながら10匹ほど釣って小一時間ほどで終了。

サイズは小アジってところで、最大21cmぐらいでしょうか。唐揚げにしていただきました。

骨まで食べられるようにしっかりと揚げ、揚げたての状態で甘めの醤油をジュ〜っとかけて食べるのが美味いんですよね。

春のアジ釣りってのもなかなか面白いですね。案の定、巨大なヒラスズキも居たのでそれを狙って釣ってみるのも面白いかもなーと。

今年はメバルがいまいちパッとしないので(今週末も雨だし)、アジ釣りをしてみるのも良いかもですね。