ライフ

2023年に考えていること

2023年に考えていること

こんにちは。
限界集落に住む映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

あけましておめでとうございます。

今日は2023年1月2日。年も明けたし早速動き出そうと考えているのですが、その前に2023年これをやってみたいね!なんてことを頭の整理がてらここに書き記してみたいと思います。

 

家族写真・映像撮影サービス

昨年子どもが生まれたことで、はじめて子どもの可愛さを知ることになった僕。それまでは子どもよりも猫の方が可愛いと本気で思っていましたが、今ではもう別次元というべきか、そもそもどちらが可愛いとか比べるのは野暮だなといった感覚になりました。

そんなわけで「家族写真・映像撮影サービス」をはじめたいと考えています。これは2023年一番最初にスタートしたいことですね。

1月中にはなんとか準備を終えたい所ですね。

 

Kindle書籍の制作

昨年の間に一冊制作しておきたかったのですが、作れず仕舞いに終わってしまったKindle電子書籍。

今年は3冊ほど作ってみたいと考えているのですがどうなることやら(笑)

アイデア…というか書きたいことが3冊分は決まっているので、あとはそれを形にするだけなのですが、その形にする作業がなかなか大変なんですよね…

実は一昨年に一冊試しに作ってみてKindleでリリースもしているのですが、その時なんだかんだ制作にものすごく時間を取られてしまいましたから。写真を中心にしており、ほとんどすべてが撮り下ろしなため余計に大変でしたね。

制作時のちょっとしたエラーがあり、アップした後もなぜか修正できなく、そしてそれが気に入らないためプロモーションは全くしていませんが、Kindleを探してもらったらどこかに載っていますので、興味のある方は是非。

このあたりは撮り下ろさなくても良いように、日頃から電子書籍にも使えるような素材を貯めていかねばと考えている所です。

一度動き出したら、一石四鳥ぐらいになるようなことをしていかねば、僕が考えていることを形にするのは難しいなと感じている次第です。

ちなみに書きたい書籍の内容は…

1冊目は子どもが出来て絵本を読む機会が非常に増えたため、子どもも大人も読めるような絵本を作ってみたいなと。タイトルは「今日は金曜日」とかそんなのが今頭の中をふわふわとしています。金曜日ってワクワクするじゃないですか。そんなワクワクを絵本に出来たらと考えています。そしたらたまたま娘に購入した絵本のタイトルがエリック・カールの「Today is Monday」。エリック・カールの感覚がやっぱり好きなんですよね。

2冊目は僕はカメラをはじめて8年経ちますが、7年目ぐらいがある種のターニングポイントというか、7年でようやく板についてきたような感覚でしたので、物事をなし得るための7年という年月について。神様は世界を7日間で作ったとか言われているじゃないですか。それが真実であろうがなんだろうがどうでも良いのですが、「7」という数字には人が惹きつけられる秘密があると思っています。ではその「7」にのっかって多くのことを吸収してしまおう!というかそれを元に学びましょうという話になるかなと思っています。

3冊目は釣りと半自給自足をミックスしたような本。僕は2013年ぐらいにオーストラリアに居る時に、資本主義について考えることが多くあり、お金の存在が非常に嫌になった時期がありました。そんな時に目の前に広がっていた自然。そして釣りをすればそこから食料が簡単に得られたことから、半自給自足ライフを送っていました。そんな体験が今でも僕の根底にあるため、そうしたコトについての本です。入り口はこんな感じですが、出口が全く決まっていませんのでこれから考えていきます(笑)

文章を書くのは苦手なので、絵本はエリック・カールのような切り絵。後ろ2冊は写真中心でモノ(たとえばカメラとかルアーとか)を使って伝えていく本になるかと感じています。

 

映画の制作

これまた大きくでましたが、今年は一本撮ってみたいなと思っています。

実は昨年の時点で映画が撮れたらと考えていました。アイデアもあったため少しだけ動いてはみたのですが、想いが急にストップしてしまい断念…

「オーバー・ザ・レインボー(仮)」とタイトルは決まっているため、あとは撮りながら進めていけたらと考えています。

そしてこちらもキーワードは虹の色ということで「7」ですね。現代版「七人の侍」のような物語になるかもしれません。

映画と言ってもフィクションではなく完全にドキュメンタリー。なので何が起こるか分からないのですが、何が伝えたいのか全く分からないインディペンデント映画のような作品は避けたいなと思っています。

こればかりは一人で制作するには無理があるので、チームが必要なのかもな…なんて考えています。

 

…と、2023年、やりたいことはこんな所でしょうか。

やりたいことを考えるのや、アイデアを考えることは非常に簡単なのですが、それを形にするのが非常に難しい。それをどうクリアして形にしていくか?これが今年の僕の課題であり、この課題をクリアした時には新しい入口や世界が見えてくることだと思います。

実は今まであまり作品作りについて意識したことはありませんでしたが、今年からは作品作りを意識しながら動いていこうと考えています。

娘に胸張って「パパの作品だよ」と言いたいですからね。ただそれだけのための作品作りになるかもしれませんね(笑)

なぐり書きになりますが、そんな感じです。