ライフ, 釣り

【釣行記】2023年 二本目のランカーヒラスズキ 80cm

徳島県で映像クリエイターをしているDAISUKE KOBAYASHIです。

全くヒラスズキからの反応がなかった10月。

しかし11月にもなると流石に一気に冷え込み、大雨も降り、ヒラスズキが釣れやすい環境が整ったな〜なんて思ったので、先日撮影の帰りに釣りをしてみることに。

そしたら案の定釣れました。

まさかのランカーヒラスズキ。ジャスト80cm。

そろそろデカい魚が入ってきてもおかしくないなと思っていましたが、思った以上にデカい魚が釣れてうれしい誤算です。

今年二本目のランカーヒラスズキです。

ってことで、今日は美味しく頂くための下ごしらえを。

とあるメディアの記事にするために、刺身、たたき、寿司、カルパッチョなどなど、ヒラスズキならではな火を通さない料理で美味しくいただきたいと思います。

因みに今回釣ったルアーはこちら。

アイマの『SASUKE120 裂波』。妙に釣れるルアーで大変気に入っているひとつです。

いつもはアジ用タックルでヒラスズキを釣っていましたが、今回はシーバス用のミディアムクラスのタックルで釣りました。

ラインが太め(PE1.5号、リーダーは20lb)だったので余裕のやり取りでキャッチ出来まして、正直ランカーにしてはあっけなくファイト終了しました。約2分ぐらいでしたね。

走られましたし、エラ洗いも何度もされましたが、あまりにもあっけなく獲れたので、もしかしたらヒラスズキは魚を追って疲れていたのかもしれません…なんだかそんな雰囲気でした。

そしてシーバス用タックルだと獲れて当たり前って感じにどうしてもなってしまいますね。

やっぱアジ用タックルの方が断然スリルがあり、獲った感もグッと上がるので面白いですね。

まだしばらくは釣れそうな雰囲気なので、またヒラスズキを狙いに行ってみようと思っていますが、次はヒラよりもアオリイカとハマチが釣りたいんです。