ライフ, 釣り

【アジ釣り】にアオリイカ、偏光グラスの重要性を改めて感じた釣行

徳島県で映像・写真・執筆などのクリエイティブ業を営んでおります、DAISUKE KOBAYASHIです

先日アジ釣りが楽しかったので味を占めてもう一度アジ釣りに行ってきました。

思えば、メバル、ヒラスズキ、アマゴを追いかけている春にアジ釣りをしてきたことはありませんでしたが、小さいアジや他の魚に混じり、やや良いサイズのアジが居る状況を狙っていくのはなかなか面白い釣りなのです。なんというか、産卵が終わった海の魚たちの一年を感じられます。

で、アジを狙いますが先日の様子とは違い全然食ってきません。居るは居るのですが、如何せん全く食い気がありません。この日は中潮で結構大きく潮が動く日なのですが、流れがぜんぜんなくどよーんとしているのでそれのせいか?なんて感じたので、いつもは絶対にやらないイカ釣りをしてみることに。

というのも、アジ釣りをしていたりすると小魚を狙ってイカが寄ってきたりするんですよね。そんな寄ってきたイカを狙っていこうと二刀流でやっていると…

バーン!釣れましたアオリイカ。春にしては小ぶりな超500gですが、滅多に釣ることはありませんのでめちゃめちゃ嬉しい一杯。

漫画か!ってぐらいに絵に描いたような釣り方でした。イカを狙ってエギを投げておき、底に落としている間にアジを狙い、時々エギをシャクるという、アホみたいな完全二刀流でやっていまして、そんなことしていたらアジを狙って表層にのそ~っとイカが登場。

即エギを回収して見えイカにキャスト。反応がないのでもう一度イカすれすれにキャストしてここぞ!ってタイミングでシャクっったら釣れました。というか引っかかったのかな?確かなことはわかりませんが一応足にかかって釣れました。

ちなみにサイトなので偏光グラスは必須。普段はもっぱら裸眼でやっていますが、最近は偏光グラス釣りにハマっていまして、この日釣ったイカは偏光グラスがないと確実に釣れなかったイカなので、やっぱ偏光グラスって重要だよね~と激しく理解した日となりました。

因みにアジ釣りもほぼサイトです。

使っている偏光グラスはこちら。

ツリハックとゾフが共同開発したモデル。ボクはツリハックのライターとして活動をしておりまして、そんな流れで頂いたものです。偏光グラスは渓流で落として以降買う気になれませんでしたが、こうして活動の中で頂けるのはありがたい限り。パチっとクリップできる部分はボクにはきつく感じたので切り取りました。 自分で使いやすくカスタムするのが好きなんです。

オンライン限定での購入となります。軽いし扱いやすく、なかなか良い偏光グラスですよ。

https://www.zoff.co.jp/shop/contents/fishing.aspx

魚を釣っても全く興味のない妻ですが、イカは好きなのでアヒージョにでもして食べたいと思います。