カメラ, ライフ

レンズを購入「ZEISS Batis 2/40 CF」

レンズを購入「ZEISS Batis 2/40 CF」

こんにちは。映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

先日こんな記事を書きましたが、カメラレンズを新しく購入したのでそれについて。

カール・ツァイスの「ZEISS Batis 2/40 CF」というレンズ。

これから自分が始める撮影サービスにピッタリのレンズだと感じ購入してみたのです。

特徴はカール・ツァイスということで確かな解像感と、40mmというちょっと珍しい焦点距離、近接フォーカスにそして軽さでしょうか。

そして僕が購入する決め手となったのは40mmで近接フォーカス出来て軽い、そしてオートフォーカスがあるということ。

40mmの焦点距離のレンズはこれ以外にもVoigtlanderの40mmを持っているためよく知っているのですがすごく良いのです。

35mmではちょっと広い…50mmだと狭くてドラマティックになりすぎる…そんな時に重宝するのが40mmだと感じており、子ども撮影には最適なのです。

で、なんでVoigtlanderを持っているのにこの「ZEISS Batis 2/40 CF」を購入したのかというと、オートフォーカスがあるかないかということ。

Voigtlanderはマニュアルレンズなためオートフォーカス機能がありませんので、ここぞ!という時のシャッターチャンスを逃してしまう恐れがあるのです。

実はマニュアルでも良いかなとも考えていましたが、子ども撮影の経験を重ねていくうちに「これはオートフォーカスがないとシャッターチャンスを逃してしまうわ…」と感じたため導入です。

軽く撮って見た感じは、軽くて丁度良い画角で撮れて扱いやすい!といった印象で、なかなか良い感じです。イメージどおりです。

色はレンズというよりはソニー独自の青っぽさが出やすく気になるところですが、ホワイトバランスで調整してやればなんてことはありません。

少し前にリリースされたレンズということもあり、オートフォーカスに関しては特別速いと感じることはありません。寧ろオートフォーカスを過信すると痛い目みるなという印象の方が強かったですね。

で、僕がこのレンズを持つことで一番やりたいことは実はこれ。

最近カメラを常に2台持つようにしているため、1台は広角、もう1台は標準の組み合わせにしたかったのです。

標準は55mmと考えていたけど、これがどうも狭すぎる…ということで40mmを購入した経緯もあるのです。

広角はすでに気に入って使っている20mm。APS-C機能を使えば30mmに化けることが出来ます。

で、40mmはAPS-C機能を使えば60mmに化けます。

ということは、2台持ちで20、30、40、60mmと単焦点レンズで撮影できるため、これは理想的なのではないかと思ったわけです。

20mm

30mm

40mm

60mm

いいでしょこのシステム。感度の良いフルサイズセンサーならではな使い方です。

ソニーはセンサーが優れていますので、僕がソニーを使う大きな理由でもあります。

富士フィルムやパナソニックだとこうはいかない。だから僕はソニー以外のカメラは基本的には使わないのです。富士フィルムのX100Fはおもちゃとして使っています。

カメラ1台で24mmレンズで24、36で解像ズームで48mmとも考えましたが、この場合は写真よりは動画撮影に向いています。

写真の場合は2台の方が断然分がありますね。

これから実際に撮影時に導入していきたいと思います。

楽しみです。